新潟県阿賀野市発ブランドづくり事業

阿賀野市産業振興フェア実行委員会

新潟県

阿賀野市の産業の活性化を目的に毎年開催されている「あがのわくわく産業フェア」の一環として、新たな阿賀野ブランドの創出を目指し、「阿賀野産農産物を活用した新たな視点のお菓子の商品化」をテーマにスタートしました。

農業と酪農が盛んな土地柄と、徳川幕府の天領だった旧水原地区で育まれたお菓子文化を融合し、新たな名産品を開発し、産業の活性化に繋げようという試みです。

御菓子処 渡計わたけい/彩花さやか

彩花」は斬新なフレーバーの新感覚の琥珀糖です。地酒、ビール、黒いちぢく、など阿賀野の魅力が詰まったものから、ワインやプリンなどの変わり種まで、7つのフレーバーが楽しめます。

御菓子司 最上屋/HANAティグレ

しっとりしたフィナンシェ生地に、地元の農産物などを用いたガナッシュが彩りを添え、5種類の味わいが楽しめます。

WAYOGASHI ABE/おむすびロール

阿賀野市の名峰「五頭山」のイメージと、阿賀野市の内と外を結ぶ、という想いを込めた三角形のロールケーキ「おむすびロール」。地元乳製品による上質なバタークリームと生地には、地元農産品などが練りこまれています。

脇坂園芸×フルーツワールドプロデュース/エディブルフラワー入りジェラート

阿賀野市の小学生のアイディアをカタチにしました。地元で「食べられる花」エディブルフラワーを生産している農家・脇坂園芸と、新潟伊勢丹地下のジェラートショップ・フルーツワールドプロデュースのコラボで実現しました。